脱毛時に感じる肌の刺激について

医療脱毛をしていると、痛みを感じることがありますが脱毛器によってもその度合いは異なりますし、脱毛部位箇所でもずいぶん違います。
特に痛いといわれているのがVIOですが、毛が太くてデリケートな部分ですので特に刺激を感じやすいです。

同じくらいの毛の太さでも、わきの下はそれほど不快感を感じることないケースが多くなります。
皮膚の薄さは個人差もありますし部位による違いもありますので、皮膚が薄くデリケートな部分は照射をしたときに痛いと感じることが多いです。

デリケートな部分

医療脱毛は、確実にムダ毛を永久脱毛することができるので少しくらい痛くても我慢できるというケースが目立ちます。
ですが、あまりにも我慢できない場合にはマシンを変えてもらったり出力を弱めたり麻酔を使う方法があるので大丈夫です。

医療脱毛で脱毛部位箇所で痛みが出やすい部分は、VIOや顔などです。
人によって、出力が高いとそのほかの部分でも刺激を感じることがあります。

冷やしながら照射したり、マイルドな出力にするといったやり方でだいぶ軽減されますが、麻酔を使っているところも多いので、我慢できないようであれば初めから麻酔を使うとスムーズに脱毛の施術ができます。

医療脱毛に使われるマシンにはいろいろな種類がある

医療脱毛は、痛みの関係性が脱毛器の種類で異なることも知られています。
従来型のアレキサンドライトを用いたものは、効果や実績が高い分トラブルが出やすいケースがありますが特にVIOなどはその傾向です。

しかし、長年の実績があり認可を受けて長期間経過しているため信頼性も高くなります。

医療脱毛でも、最近では刺激に弱い方に最適なマシンがいろいろなクリニックで使われてきている傾向です。
ですが、医療脱毛といっても長期のエビデンスがないと不安という事であれば少し痛くても信頼性の高いマシンを使っているクリニックを選ぶのも一つの方法です。

優良な脱毛クリニック

皮膚科や美容クリニックでは、麻酔が用意されていますので医療脱毛の際に刺激を強く感じることがあれば対応してもらえます。いくつかのマシンを完備しているクリニックでは、肌質や状態に応じてマシンを選んでもらえますので安心です。

照射できる範囲が広くスピーディーさが特徴であったり、肌にマイルドな刺激であったりといった風にそのクリニックによっても扱うマシンや施術の特徴は異なります。肌が弱かったり痛いのは苦手という方はそのあたりをカウンセリングで話しておくとより安心です。