脱毛サロンで契約のクーリングオフができるか

自分のムダ毛が気になった場合には、脱毛サロンに通う必要もあります。
脱毛サロンに通った場合には、取引を取り消したいと考える人もいるはずです。
全体の1割ぐらいは、取引関係を結んだことに後悔をするかもしれません。

もちろん最初の段階で、脱毛サロンのことをよく理解していれば良いですが
全ての人がそれをしっかり理解できているわけではありません。

そこで脱毛サロンで取引をした後に、クーリングオフをすることができるか問題になります。

クーリングオフ

結論から言えば、クーリングオフをする事は決して難しいことではないでしょう。
もともと、この仕組みは8日間以内に行うことが基本とされています。

通常は、電話セールスや自宅に来た訪問販売などで適用されることが考えられていました。
訪問販売等は、断りたくても断り切れない雰囲気ができてしまうこともあり、
その場合消費者を作るためにこのような制度を設けたといえます。

また電話の通販の場合も同様に、勘違いと言うこともあるため
このような仕組みを採用したわけです。

それ以外に適用される場面は、サロンのようなサービスを受ける場合が該当します。
そのため、もし困っている場合には堂々と契約の解除をしてみるのも良いかもしれません。

解除をする場合に制限は無いのか

取引を解除するときの手続きに関しては、様々な種類がありますが
脱毛サロンの場合はサービス業にあたるため、まず脱毛サロンのほうに申し出ることが必要になります。

この時時間的な手続きの制限がありますが、8日以内とされています。
8日以内といっても、漠然と取引をした時からと言う意味ではありません。
これは、書類を受け取った時から8日以内と言うわけです。

もしその期間が切れてしまった場合には、残念ながら解除をすることができないでしょう。
そのため、日付はきっちりと守っておくことが必要です。

正しいやり方としては、取引をした時の書類等があればそれを見せることが必要です。
もしサロンの方が、期限を過ぎているので解除をすることができないと言われた場合、
その時に結んだ証拠としての書類が存在すれば充分に対抗することができるため、書類は捨ててはいけません。

もし捨ててしまった場合には、弁護士に相談するのも1つの方法です。
何らかの方法で、助かる場合もあるわけです。

弁護士に相談

ただ、いちど施術を受けてしまった場合には、もはやこれを適用することができないと考えて良いでしょう。
そのため、施術を受ける前の段階しか適用されないのが基本になっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)