家庭用マシンを活用しよう

ムダ毛がほとんどないツルツルの肌にするためには、お手入れをきちんとすることが大事です。
最近は医療脱毛もかなり安くなっていることもあり、クリニックでの施術を希望する人も増えています。

とはいえ、医療脱毛ではレーザー脱毛が主流ということもあり、痛みが強いのではないかと心配する人もいます。
痛みに弱い人は、痛くない脱毛方法を選んでみましょう。

脱毛で心配な痛み

カミソリやシェーバーでの処理は痛みもほとんどありませんが、毛根が残るのですぐに伸びるというデメリットもあります。
毛根からしっかりと処理するなら、家庭用脱毛器の利用も考えてみましょう。

家庭用の機器も今ではかなり良いものが登場しており、エステサロンのような光脱毛も自宅で手軽にできるようになりました。
商品の種類も豊富なので、比較しながら自分に合うものを選んでいきましょう。

購入費は発生しますが、長く使えるので医療脱毛より安くなります。
とはいえ、パワーは業務用の機器に比べると劣るので、結果が出るまでにはそれなりの期間も必要です。

家庭用の機器でもハイパワーで照射をすると痛みを感じる可能性がありますので、
まずは弱い出力から始めることがおすすめです。
部位によっても、痛みの感じ方には違いがあります。

医療機関なら麻酔ができる

レーザー脱毛は高出力での照射になるので、ツルツルの肌が短期間で手に入ると評判です。
少ない回数で結果が得られるので通う期間も短くなりますし、永久脱毛の効果にも優れています。

以前は医療脱毛は痛いというイメージもありましたが、今ではより痛みを軽減できるマシンも登場しました。
クリニックごとに導入しているマシンは違いますので、最新の機器が導入されているかどうかは良く調べておきましょう。

クリニックのサイトをチェック

医療脱毛でも、痛みの感じ方は個人差があります。
あまり痛くないと感じる人もいれば、痛みを強く感じる人もいます。

痛みがつらいと続けていくのは困難になりますが、
医療機関なら麻酔クリームなどの処置も可能です。

痛みが苦手という人は、麻酔の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

それから、施術後に飲酒や激しい運動などの血行を良くする行為をすることも、
痛みを強くすることにつながるので注意が必要です。

医療脱毛での痛みを軽減するためには、肌が潤っていることも大事ですので、
保湿ケアも丁寧にしておきましょう。特に施術後の肌は普段よりも
乾燥しやすくなっているので注意が必要です。

最近は蓄熱式などのより痛みの少ない施術を提供するクリニックも
増えていますので、こうした施術にすることも考えていきたいところです。