医療脱毛前のお手入れ

医療脱毛の施術前に保湿が必要な理由についてですが、肌が激しく乾燥してカサついているとクリニック側から施術を断られてしまう可能性がある、潤い不足に陥っている状態で医療脱毛のレーザーを照射すると痛みが強くなってしまう、角質のバリア機能が低下してターンオーバーが不活発になりそれに伴い毛周期が乱れるなどがあります。

脱毛前の保湿

せっかく予約を取って張り切ってクリニックに行ったのに、カサつきが原因で施術が受けられないのは悲しすぎます。そんなミスをするわけにはいきませんので、前日のシェービングと同じくらい潤いチャージは念入りに行わなければなりません。

医療脱毛前の保湿に用いる基礎化粧品についてですが、当日は水分保持力を高める作用を持つ化粧水やジェルを選ぶのがベストです。油分が多い濃密なクリームやオイルやバームやミルク、皮膜感が出る日焼け止めクリームは避けるべきです。レーザー照射時の邪魔になる可能性があり、それによって脱毛効果が半減してしまうからです。

サラッとしたテクスチャーの化粧水やみずみずしいジェルであれば、レーザーの作用を妨げる心配がありません。敏感肌やゆらぎ肌で皮膚が荒れやすい方は、低刺激で優しい使い心地の無添加タイプを選びましょう。

医療脱毛後のお手入れ

医療脱毛の施術をしている期間中の注意点はいくつかありますが、最も意識すべきなのが保湿ケアです。

保湿ケア

保湿ケアの重要性についてですが、医療脱毛の施術後にたっぷりと肌に潤いを与えることで皮膚の中にムダ毛が埋まって出てこなくなる埋没毛の発生を防ぐことが出来る、角質を柔らかくしておくとムダ毛が抜けやすくなる、毛周期が乱れず次回の施術の脱毛効果を高めることにつながるなどがあります。

医療脱毛の施術をすると1~2週間後にレーザーを当てた部分のムダ毛が抜け落ち始めますが、潤いが足りない状態だと硬くなった角質が邪魔してムダ毛がスムーズに抜けなくなります。

皮膚の表面にムダ毛の毛先が出ずに、皮膚の内部でムダ毛が伸びてしまうというトラブルが発生します。
それを取り出そうとして毛抜きなどで強引に引っ張り出そうとすると皮膚が傷ついてしまいますし、それによって施術が出来なくなるという二次的な問題も起こります。

クリニックでお手入れをしている期間中は、入浴後の美容習慣として毎日欠かさずに保湿ケアをしましょう。
全体的なお手入れをする際には伸びが良いミルクローションを使用し、角質が硬くなりやすいヒジやヒザは尿素配合のクリームを塗るのがおすすめです。