脱毛後の肌の状態とは

医療脱毛は、レーザーを肌に照射してメラニン色素に反応させ熱エネルギーに変換することで、毛根にダメージを与えて脱毛をしていくという方法です。
ムダ毛を処理するには効果的な方法ではありますが、この施術は肌にもダメージを与えている状態になります。

医療脱毛後の肌は日焼けと似たような状態になっていて、非常にデリケートです。
放っておくと肌トラブルにもつながってしまうことから、きちんと保湿するということは重要となってきます。

医療脱毛後にケアをしなければ、起こる肌のトラブルとしては乾燥が挙げられます。
カサカサになってしまうだけではなく、ひどい場合には粉を吹いたり痛みが続くケースもあるため注意が必要です。

肌トラブルが起こる

熱を持ったまま熱った状態が続く、赤い跡が残ってしまうなどのトラブルも考えられます。
特に肌のバリア機能などが低下している敏感肌の人などは、跡に残ってしまうリスクも高いためしっかりケアすることが求められます。

肌の水分量が減っていると、老化現象も進んでしまいます。
老化現象とはシワやシミ、くすみなどのことで、ひどい場合には炎症や化膿が起こってしまいます。
きれいな肌を作るためにも自宅でもケアすることは大切です。

自宅で行うケアの方法

医療脱毛後の自宅ケアは重要ですが、オススメのケアは部位ごとに異なってきます。

医療脱毛で顔を脱毛した場合には、優しく手入れすることが求められます。
顔は特に皮膚が薄く、トラブルが目立ちやすい場所であるためです。

化粧水だけではなく、乳液やクリームなどを併用して水分を肌に与えたら、
与えた水分を逃さないために蓋をすることがポイントです。

セルフケアの習慣

ボディは比較的皮膚が厚い部分ですが、衣類と擦れる部分になります。
体全体だけではなく露出しやすい手足はボディローションなどを使って念入りにケアを行います。

忘れがちな背中は、キッチンペーパーなどを使ってローションパックなどを行ったり、スプレータイプのケア用品を使うなどの工夫をします。

医療脱毛でVIOを行った際にも、しっかり保湿を行います。
デリケートな部分ですので、敏感肌の用のローションや柔らかいクリームなどの
刺激の少ないものを使用することが大切です。

さまざまな方法がありますが、きちんと自宅ケアをすることで
肌のトラブルを防ぐだけではなく、肌の状態を整えておけば
次に脱毛した時に、高い脱毛効果を得ることができます。

他にも、肌が綺麗になるなどのメリットも得られます。